大切なお着物を大切にしてくださる方へ。高級着物買取り専門店 特選着物買取きものおおば (東京都中央区東日本橋 本店)

       

小宮康孝(東京都)の着物を高価で買取り

江戸小紋は、江戸時代、武士の正装である裃の図案として確立したと言われ、大名家ごとにその柄が決められ、いわゆる「定め小紋」と呼ばれました。 その後、奢侈禁止令などの影響によって町人の間にも江戸小紋が広がり、 演芸的な題目をアレンジしたものや、ことわざを図案化したものなども作られました。 それが「謂れ小紋」と呼ばれるものです。
そういった長い歴史の中で常に人気のあった江戸小紋ですが、より良い型の研究や染めの技術の向上などに取り組まれ、重要無形文化財「江戸小紋」として、その業を極められたのが人間国宝である小宮康助氏です。 現在では息子さんであり、同じく人間国宝である小宮康孝氏にそれは受け継がれています。
近年、図柄としては「江戸小紋三役」と言われる「行儀」「角通」「鮫」は特に人気がある様です。

お売りになりたい、小宮康孝などの作家ものの着物(訪問着、振り袖、留袖、小紋、袖、附下、アンティーク)、帯(名古屋帯、袋帯、アンティーク)、反物などをお持ちのお客様、高価で買い取らせていただきます。 買取の価格など、着物買取については、お気軽にお問い合わせください。

国指定 重要無形文化財指定 江戸小紋 の作品

江戸小紋 国指定 重要無形文化財指定
掲載の商品はすべて、当社で過去にお買い取りさせていただいた物です。

プライバシーポリシー

特選着物買取きものおおば  表示タイプ|パソコンモバイル